柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

看板犬に不向きな、柴犬チャー!!

看板犬失格な日々

 

生後約1年半のチャーには、まだ早すぎた。

この頃のチャーは、遊び盛り真っ只中。

大人しくなど、していられるはずもなかった。

 

この日は、講習のお客様がいらっしゃっていた。

ダイビングの講習というと潜ってばかりのイメージを持たれる方も

多いと思うが、実は、半分が講義。そして半分が実習となる。

 

お勉強中の邪魔にならぬよう、チャーは室内禁止。

ママは、離れたところで午後に使う実習の準備。

f:id:yatosyouta:20170821142443j:plain

この日は、ボスが先生をしていた。

チャー係は親分。

親分は、仕事を忘れ、チャーと遊ぶことに専念していた。

 

しかし中から、ボスの声が聞こえてくる。

f:id:yatosyouta:20170821142454j:plain

チャーには、何故入れてもらえないか、分かってない。

一回講義が始まってしまえば、ボスは2時間は出てこれない。

メスのチャー。

実は、女性よりも、男性好きだった。

家にいるときは、もっぱらパパの側から離れないチャー。

f:id:yatosyouta:20170821142521j:plain

切ないけれど、一番可愛がってくれる親分よりも、

ボスが好き♡

必死に目力で訴え続けるチャー。

しかし、思いは届かない。

いよいよ、窓ガラスを引っ掻きだす!!

f:id:yatosyouta:20170821142510j:plain

これには溜まらず、窓を開けてしまうボス。

講習しながら、ひたすらあやしている始末・・・

f:id:yatosyouta:20170821142711p:plain

この惨状に気付き、慌ててリードを引くママ。

しかし、ボスから離れようとしないチャー。

 

ひたすら謝り続けていると、

「ここにいた方が大人しいからいいよ。」と楽観的なボス。

「癒されるから全然構わないですよ。」などと

優しすぎるお客様方・・・

 

そう、ここに集うお客様は、本当に温かい方ばかりだった。

こんな、どうしようもないチャーと、

いっぱい遊んで下さっていた。

ママは今でも、本当に感謝しています。

 

お仕事が終わると、みんなでチャータイム。

f:id:yatosyouta:20170821142622j:plain

しかし、我儘なチャーはこの時、気付いてしまったのだ。

お客様がいる間は、構ってもらえないが、

帰ってしまえば、ボスを独占できることに!!

 

この頃、チャーはお客様がいると不機嫌になっていた。

ボスとずっといたくて、仕方がなかったらしい。

癒し係としては、成功しているが、

看板犬としては完全にOUTだった!!

 

ママは、本当に困り果てていた。

もう、連れてきたくない・・・と言うママに

ボスと親分は猛反対!!

なので、ダメ犬チャーの、看板犬としての日々は続く。

 

あんまり、迷惑掛けたらだめニャ!!

f:id:yatosyouta:20170821152036p:plain

読んで頂いて有り難うございます。

下の二匹をポチっとして頂けると、幸いです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村