柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

ショー君の、最初の飼い主さんへ

右耳が潰れている、

アメショーをご存知の方へ

f:id:yatosyouta:20170828144954j:plain

 

2007年、静岡県、K町の山奥へこの子を捨てに来てしまった方。

もしも、ご存命であれば幸いです。

この子は無事に私の実家へ辿り着き、保護され

2015年9月までの約8年間、幸せそうに暮らしていました。

 

始めは、あなたの事、本当に許せませんでした。

どのような理由があれ、狩りも出来ない家ネコを

山に捨てるなど、死を意味することと一緒。

 

この子は、枯葉を集め、それだけで日々、耐え忍んでいたようです。

我が家に来てからも、貧血が酷く、入退院を繰り返していました。

本当に、ギリギリで助かった命です。

だから、ずっと憎んできました。

 

でも、とある日、一匹の野良さんがまた、

私の実家に頼ってきました。

その子は、近所で一人暮らしのおばあさんが

大切に飼っていたネコでした。

おばあさんが突然亡くなってしまい、

広い家に一人ぼっちのネコ。

お腹が空いて、あちらこちらでご飯を貰っているようでした。

 

その子を見ていて、あまりにもショー君との類似点が多く、

ふと、普通の野良ネコさんとの、違和感を感じたのです。

 

f:id:yatosyouta:20170828145550j:plain

ショー君は、まず、人間を全く怖がらなかったんです。

だから、すぐに保護出来たのですが。

今考えても、普通の野良さんとは全く違いました。

 

来た当初、病院に入れてしまったり、治療していたりと

怖い思いをさせていたはずなのに、この子は私達を怖がりもしなかった。

むしろ、来た早々お腹を見せ、(退院後すぐの写真)

f:id:yatosyouta:20170828145755j:plain

 

3日目にはもう膝に乗り、

5日目には、喉を鳴らし嬉しそうに、人に乗って寝ていました。

(初めて一緒に寝た日) 

f:id:yatosyouta:20170828150650j:plain

 

私が飼ってきた子達では、有り得ない事だったんです。

懐くまでに、多少の時間を要するのが、野良さんなのに。

 

この時は、気付きもしませんでしたが、

おばあさんの飼っていたネコを見ているうちに、

この子も一緒だと分かりました。

 

本当に、大切に育てられてきた子だけが

持つ甘え方。

愛情なく育てられていたら、

こんなに人を信じることなんてきっと出来ない。

 

だから、この子はとても愛されていたんだと思います。

6~8年もの間大切にされていたのに、

どうしようもない理由があって

手離してしまったのではないか?

自分が病気になってしまったり、ご家族の方に何かあったのかも。

なので、先にも書きましたが、ご存命だろうかと不安になりました。

 

何となくですが、若い方に飼われていたというよりは

ご年配に飼われているような、落ち着き感がはじめから

この子にはありました。

 

 そんなことを考えるうちに、もしかしたら、今でもすごく後悔し、

あの時してしまったことを、ずっと抱え込んでしまっているかも知れない。

そんな気がしてきたんです。

 

もしも、あれからずっと、悔やみ続ける日々を送っていたのであれば

どうかもう、ご安心ください。

この子はあなたが思っているような、寂しい人生ではなく

きっと、多くの幸せな時間を過ごすことが出来ました。

私達は、持てるだけの愛情を精一杯この子に注いできました。

f:id:yatosyouta:20170828151618j:plain

最後の決断は、正しかったのかどうか

それは、分かりませんが・・・

軽い気持ちではなく、悩んだ末の結果です。

 

勿論、あなたのしたことは、許されることではありません。

でも、あの時のあなたがいたから、私達はこの子と出会えて

8年もの貴重な時間を共に過ごすことが出来ました。

なので、今は逆にこのご縁を頂いたこと、感謝しています。

f:id:yatosyouta:20170828153721j:plain

もっと、早くお伝えすることが出来たら、良かったのですが

2年ほど経ったから、書けることです。

当時はそんな心情ではなかったので、お察し下さい。

 

*注意

決して山に捨てることを、助長しているのではありません!!

何度もしつこいですが、ショー君はたまたま運が良かっただけです。

救えていない命の方が、多いこともご理解下さい。

また、保護されている人たちも、いっぱいいっぱいなんです。

肉体的にも、金銭的にも!!

なので、どうか山に捨てないで下さい!!

宜しくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村