柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

ショー先輩、最後の日々 たられば生活

ママ、最後の葛藤

 

最後は好きな場所で、静かに見送ってあげようと

心に決めていた。

お家に帰って来れて、ショー君は何だか嬉しそうだった。

f:id:yatosyouta:20170828120117j:plain

でも現実は、そんなに甘いものではなかった。

殆ど自力で食べてくれない、ショー君に

液体スープや、流動系のものをあげていたのだが、

口腔癌は、そんなものさえも、出血の原因になってしまう。

 

出血する度に、思わず病院へ駆け込みたくなってしまうママ。

輸血しないと、危ない。

でも、連れて行ってしまったら、また入院になってしまうし

チューブだらけの生活を、送らなければならない。

そしたら、更に長い苦しみを与えてしまうのではないか。

 

毎日が、心の葛藤だった。

ただ、何も出来ず、血を拭き取り、

撫でてあげることしか出来ないのが

こんなにも辛いことだなんて・・・

 

この時は、自分を責めることしか出来なかった。

もっと早く気づいていれば。

あの時、大学病院へ連れていく決断をしていたら、助かったかも。

逆に、一番はじめに見て頂いた先生の言う通り、

自然のままにしていれば、ここまで苦しめることは

なかったのではないか。

 

自問自答の繰り返し。

2年経とうとしている今ですら、本当は何が正しかったのかなんて

分からない。

 

チャーはというと、昼間はダイビングショップで

預かってもらっていた。

夜は、帰って来ていたのだが

f:id:yatosyouta:20170828123330j:plain

何かを感じていたチャー。

先輩の側へ行こうとしなかった。

 

8月20日 表に出たいというので少しだけ

 一緒に表の空気を吸わせてあげた。

f:id:yatosyouta:20170828120528j:plain

8月21日 膝に乗りたいというので、ママの力が尽きるまで

こうしていた。

しかし、前のような重みが感じられなかった。

7kg近くあった体重も、4kgを切っていた。

ショー君が、初めて我が家に来た時と

同じ体重になっていた。

f:id:yatosyouta:20170828121323j:plain

8月24日 突然夜中に泣き出した。

ショー君は、全く鳴かない子だったので

初めてこんな声を聞いた。

最後の力を振り絞るように、外に出してくれとせがまれた。

 

 いよいよだと思った。

今まで、飼ってきた野良ネコ達も、

最後は身を隠そうとしていた。

 

ゴメンネ。ママは、出してあげれなかった。

このドアを開けたら、このまま行ってしまう。

そんな気がしてならなかった。   

f:id:yatosyouta:20170828121917j:plain

8月25日 表に出してあげれない代わりに

ベランダで気分転換させてあげる。f:id:yatosyouta:20170828123836j:plain

9月1日 久し振りに、チャーが先輩の所へやってきた。

真夏にも関わらず、何故かチャーまで毛布で寝ている。

f:id:yatosyouta:20170828123214p:plain

そしてこれが、ショー君とチャーの、最後の時間になってしまった。

きっとチャーは、本能的なもので、全て分かっていたんだと思う。

最後の二匹の時間を、邪魔しないようそっとしておいた。

f:id:yatosyouta:20170828123254j:plain

そこからは、お風呂場や押し入れなど、暗い場所を転々とし

もう水分すら取らなくなってしまった。

写真もここまで。

これ以上のショー君を、カメラに収めるだけの

余裕など、もうママには残されていなかった。

そして

 

9月9日早朝  

誰にも、看取られることなく行ってしまった。

 

切なかった。

最後位、何で見送らせてくれなかったのか。

 

9月に入ってからは、深夜危なそうだったので

ママは3時過ぎまで、いつも起きていた。

この日も、寝たのは4時近く。

その時は、まだ息をしていたのに。

パパが起きた6時には、もう冷たくなっていた。

 

たった数時間の間に、行ってしまったショー君。

頑張ったね。もうゆっくり寝てね。

そんな、ありきたりな言葉しか、かけて上げれなかったママ。

 

未だに、このたった2時間が心残りで

悔やんでしまっている。

 

 

読んで頂いて有り難うございます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村