柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

ショー先輩の闘病記 叶わなかったママの思い 

打ち砕かれた希望

吐血して以来、入院しなければならなく

なってしまったショー先輩。

世間は、夏休み真っ只中の、8月に入っていた。

1年前はこんなに元気だった先輩!!

f:id:yatosyouta:20170825213633j:plain

 

毎日、お見舞いに行く度に、近寄って来ては

ママの側で甘えるショー先輩。

泣く事しか出来ないママ。

 

連れて帰ることは、このまま死なせてしまうことに

なってしまう。

チューブに繋がれ、点滴と輸血で持っている先輩を

ただ撫でてあげることしか出来ない、無力なママ。

 

でも、この時ですらも、必ず良くなってくれると

信じて疑わなかった。

だからこそ、心を鬼にして連れて帰って来なかった。

 

しかし、先輩のいない家にいるのが、辛かったので

ショー先輩が入院している間は

チャーとダイビングショップに戻っていたママ。

チャーにもこの時だけは、楽しんでいて欲しかったのもある。

 

お見舞いに行くと、たまに

「今日は体調がいいから、帰宅してもいいよ。」

と言ってくれる日もあった。

勿論、次の日も投薬の為、通わなければいけないけれど

たった少しの間でも、一緒に過ごせるのは

本当に、とても嬉しかった。

 

どうやら、チャーも嬉しいようだった。

f:id:yatosyouta:20170825214152j:plain

でも、少し前までは、こんな感じで、顔を寄せ合っていたのに

この頃になると、顔をチャーの方へと向けようとしなかった、先輩。

f:id:yatosyouta:20170825214342j:plain

ほんの少しでも、こんな時間を持たせてあげたかった。

チャーはどこまで、先輩の病気のこと、分かってたのかな?

 

しかし、次の日には、貧血が出ているから

帰ってしまうと危ないとの理由で

また入院になってしまったり、

今日は帰れるのか、入院になるのか、

不確かな日々を送り続けていた。

 

ママは、精神的にかなりきていたんだと思う。

ちょうど、世の中は、お盆に入ろうとしていた。

 

先生はお休みになってしまう為、入院を勧められた。

でも、もう先輩を置いていきたくなくて

思わずママは、聞いてしまった。

「ショー君は、助かりますか?」

今まで怖くて聞けなかった一言。

 

必ず良くなってくれると信じて、通院も入院も耐えていた毎日。

でも、もう聞かずにはいられなかった。

 

気まずそうに、重い口を開いた先生。

「もう良くなることはないです。」

何でもっと早く言ってくれなかったの?

思わず口に出しそうになったが

ここまで聞けずに来てしまったのは、自分のせい。

じゃ、もうこのまま静かに見送らせて下さい・・・

ママは先輩を抱き上げ帰ってきてしまった。

 

分かっていた。

ママのこの行動は、点滴、輸血、抗生剤全てを絶ってしまう。

先輩をここまで生かしてくれた、全てを打ち切ってしまう。

後は死を待つのみ。になってしまう事・・・

 

 

それでも、もう自分の側で見送ってあげたいと

思ってしまった。

これで、もう先輩を無理やり、病院に連れて行かなくても良くなった。

f:id:yatosyouta:20170825231523j:plain

帰って来てから、ひたすら先輩に謝る。

ママ達のエゴで辛い思いをさせてしまった。

良くなってくれるかも・・・

少しでも長く一緒にいたい・・・

そんな自分勝手な感情で、先輩を苦しめてしまったことに

気付いたママはもう泣き崩れるしかなかった。

 

ショー君本当にごめんなさい。

 

この日から、家で最後の生活を送るようになった。

なるべく、先輩の居たい場所にいさせて、今までの分も

のんびりして欲しかった。

f:id:yatosyouta:20170825223609j:plain

バードウオッチングなのかチャーウオッチングなのか

良く分からないけれども・・・

とにかく自由にさせてあげたい!!

 

読んで頂いて、有り難うございます。

下の二匹をポチっとして頂けると幸いです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村