柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

ショー先輩、口腔癌との闘い

また元気になれると信じて!! 

 

昨日からの続きです。

口腔癌と診断されたショー先輩。

f:id:yatosyouta:20170825193610j:plain

先生は、顔を曇らせ、

「これはもう、大学病院しか無理だ・・・」

そう、告げられてしまった。

 

ここから一番近い大学病院は

神奈川県の藤沢にある、日大病院。

渋滞がなくても、1時間では微妙な距離。

運悪く、時は夏休み寸前。

真夏の藤沢とは・・・朝から海へ行く車で大渋滞

 

車嫌いで、しかも1週間前に手術したばかり。

確実に弱っている先輩を、連れて行けるのだろうか?

ましてや、再度麻酔を打たれたら、次こそ戻ってこないのでは

ないのか?

 

取り敢えずこの日は、いつも通り抗生剤を投与し

飲み薬を貰い、帰宅してきた。

f:id:yatosyouta:20170825194027j:plain

一年前の夏も同じような姿で寝ていた二匹。

違うのは、痩せてしまった先輩だけ。

病院の匂いをつけて帰って来る先輩を

いつも不思議そうな顔で見ていたチャー。

 

二人でよく話し合った。

ショー先輩の為に、出来ることは何か?

何が一番最善策なのか?

 

結果、二人の意見は一致していた。

近い病院で診てもらおう!!

 

真夏の長時間ドライブは、先輩にとって非常に危険である事。

万が一、病院から電話が入っても、時間によっては2時間で着くかも

分からない事。

そして、やはりもう手術は、無理だろうという事。

 

次の日も、抗生剤投与の為、先生に行き私達の考えを伝えた。

先生は、

「薬でどこまで改善出来るか、やれるだけ、やってみましょう。」

と言ってくれた。

宜しくお願いします。と頭を下げる二人。

もしかしたら、薬で良くなるかも知れない。

ど素人二人は、淡い期待を抱いていた。

f:id:yatosyouta:20170825201004j:plain

ここから、ショー先輩と癌との闘いが始まった。

毎日、必ず抗生剤の為、先生に通わなければならない。

勿論、家でも投薬を欠かせない。

 

「大変なら、入院して下さい。」と言ってくれたが

ママは、手放せなかった。

車嫌いな先輩に、負担をかけてしまっていたのは

分かっていたが、少しでも家で、ゆっくり休ませてあげたかった。

多分、病院が好きなネコなんて、そうそういないと思う。

 

暫く、ダイビングをお休みしていたママ。

こんな状況を察してか、

「チャー預かるよ。」

と言ってくれた、親分。ただ単に、チャーがいなくて

つまらなかった、だけかも知れないが・・・

お言葉に甘えて、あまり混んでなさそうな日は昼間だけ

預けるようにしていた。

f:id:yatosyouta:20170825202245j:plain

どうしても、先輩にかかりきりになってしまうママ。

また、少しでも静かに寝かしてあげたかったので、

この頃は、家で遊べなくなって、しまっていた。

 

しかし、こんな状況ですら束の間。

通院していたのも、約2週間弱だった。

ある日、突然腫瘍が破裂し、

血が吐き出せず、倒れこんでしまった先輩。

 

ママは泣きながら震えて、動けなかった。

完全にパニック状態。

先にバスタオルを、持って走ってきたのはパパだった。

 

普通はこんな時、女性の方が強いはずなのに

我が家はパパの方が冷静だった。

すぐに病院へ向かう。

一命は取り留めたが、勿論入院になってしまった。

 

この日から、入退院を繰り返すようになってしまった、先輩。

続きは、また明日書きます。

読んで頂いて有り難うございます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村