柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

避妊手術は正解?不正解?犬の場合

周りの意見は十人十色

生後7か月を過ぎたチャー。

ある決断を迫られていた。

ペットを飼っている人なら絶対にぶつかる問題だ。

チャーの場合はメスなので避妊になる。

f:id:yatosyouta:20170726192125j:plain

先生からは、

「繁殖させる気がないなら避妊して、

女性特有の病気リスクを無くすべき。」

と言われていた。

そうだよな~。と思いながら周りの犬友にも、意見を聞いてみた。

すると・・・

 

「早く落ち着くからやった方がいい。」

「ドッグランにも行っているなら、万が一ということもあるから、するべき。」

「柴犬の子は売れるから繁殖させたらいい」

「せめて1度はお母さんにしてあげないと、動物だって可哀想」

室内犬なら、自然のままでOK」

「麻酔で死んでしまう子もいる」

などなど、十人十色だったのだ・・・

結局、最終判断は飼い主になり、

どちらを選んでも飼い主の責任になる。

 

基本、我が家は繁殖させる気はゼロ。

犬はチャーだけと決めていた。

避妊のリスクと、女性特有の病気リスクを天秤にかけてみた。

結果、先生の意見に従い、避妊手術を行うことにした。

 

ちなみに私の犬歴はチャーで2代目。

 

実家で以前、やはりメスを飼っていたことがある。

たまたま近所でこの子の母親が出産してしまい

子犬が4匹産まれてしまった。

1匹だけなら助けて上げれる!!と言うことで

4匹の中から真っ白なこの子を選び、家族に迎えることになった。

他の子も母親含め、何とかお家が決まっていたのだが、

母親は脱走して、どこかに消えてしまったらしい。

多分、生粋の野良さんだったのだ。

 

f:id:yatosyouta:20170726194143j:plain

この子は、はじめ避妊手術はしていなかった。

自然のままの姿が一番!!という母親の信念からだった。

子供の時から飼っていて、脱走することもなかた為、

特に何の問題もなかったのだが・・・

 

生理痛がとても重かったのだ。

 

生理の度に、食事も取らなくなり、苦しそうに動けないでいた。

見かねて何度も病院へ行く度に、避妊手術を勧められ、

この子が、少しでも楽になるのならと、4歳の時に手術を決めた。

結果、19歳まで頑張り、元野良さんとしては大往生であった。

 

多分、この問題に正解も、不正解もないと思う。

避妊しても、他の病気に掛かってしまう事もあるし、

避妊しなくても、ガンなどにならず、20歳まで頑張っている子も大勢いる。

 

どちらを選んでも、その子が長く一緒にいてくれることが一番で

その子のことを思い、考慮した結果なら、どちらでも正解なんだと

私は思っています。

 

f:id:yatosyouta:20170726203944j:plain

出来るだけ永く一緒にいてね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村