柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

柴犬チャー、手放す時期が来た。しかし・・・

チャーが我が家に来てから、2カ月が経ち

生後半年になったチャーは、すっかり大きくなっていた。

f:id:yatosyouta:20170725143800j:plain

はじめの頃に記載したが、この子を飼ったのには理由があった。

私の母が亡くなり、一人ぼっちになってしまった父に

プレゼントとして渡すつもりだったのだ。

2カ月前は離乳食を上げたり、トイレの心配もあったので

一人では不安という父のために、我が家で面倒を見ていた。

 

なので、半年位で様子を見つつと思っていたのだが、

本当に子犬の成長は早かった。

そろそろ、手放す時期かな~と感じていた。

ただ、手放すといっても実家まで車で15分の距離。

毎日余裕で会いに行ける。

寂しさは多少あったものの、他人に譲渡する訳ではなかったので、

辛くはなかった。

それに、我が家は毎年恒例で、旦那の夏休に合わせ旅行に出かけていたのだ・・・。

その夏休も数か月後に迫っていたのである。

 

さっ!!じいじのお家に行こう!!

f:id:yatosyouta:20170725154358j:plain

 

この日の為に、じいじとチャーは、一緒に出掛けたりもしたし、

かなりの頻度で会わせていたのだ。

すっかりじいじになついていたチャー。

全く問題はないだろうと思っていた。

 

しかし、大きなミスを犯していた事に、誰も気づいていないのである。

 

「さー今日からチャーのお家はここだよ!!また明日ね。」

と夕方頃、私は実家を出た。

チャーは、楽しそうに遊んでいたので、大丈夫だなと思っていた。

また今日から、ショー君一緒に寝ようね。なんて言っていたのも束の間。

 

その日の深夜、じいじから電話が掛かってきた・・・出てみると、

「チャーが玄関で泣いてて寝れない。近所迷惑になるから迎えに来てくれ~。」

電話の後ろからは切ない声が聞こえてくる。

急いでパジャマのまま、車でお迎えに行き連れて帰ってきた。

そして結局我が家に帰ってきたチャー・・・

f:id:yatosyouta:20170725155434j:plain

そう、何度も実家に預けていたことはあったのだが、

泊まりはこの時が初めてだったのだ。

 

私達はチャーを甘く見ていた。

ショー先輩は、旅行の時や用事がある時など

たまに実家に1人で泊まっていた。

f:id:yatosyouta:20170725161007j:plain

この子は旦那の実家のワンコなのだが・・・

 

ショー先輩は、何処に行っても動じず、その家の主のように振る舞っていた。

体系もさることながら、先輩はかなり強かったのである。

それに慣れ切ってしまっていた私達。

 

次の日、反省会という名の家族会議が持たれた。

ショー先輩が、一緒じゃなかったのがいけなかったんじゃないか、とか

慣れればそのうち・・・など

しかし、「たまにチャーの顔が見れればいいよ。」という父。

無理に引き渡すのも可哀想だし・・・じゃ、このままで行こう!!と。

 

ん??いや・・・旅行どうするんだー!!

実家にも1泊出来ないチャー。

ペットホテル?あの悲鳴のような鳴き声を上げながら

毎晩待っているのかと考えると、親バカな私達は可哀想になってしまう。

 

もう私達に残された道は一つしかなかった・・・

一緒に連れて行くしかない!!

そしてその日から、チャーと泊まれる宿を必死に探すことになる。

 

何で帰ってきたニャー?

f:id:yatosyouta:20170725162134j:plain

やっぱり先輩の隣が一番なのワン♥

しかし、まだ一緒に泊まれるかどうかも、分からないチャー。

私達がいても、夜帰りたいと泣いてしまうのでは・・・と

不安になる日々。

そうだ!試してみよう!ということで夏休を控えた私達は、

まずお試しで一泊することにした。

 

次回、伊豆高原の旅へ

 

読んで頂いて有り難うございます。

下の画像をポチっとして頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村