柴犬チャーとアメショー共同生活

柴犬チャーと、アメリカンショートヘアしょう太の、気ままな日常をお伝えします。

MENU

子イヌとネコを一緒に飼う注意点!!

真犯人はショー先輩!?

f:id:yatosyouta:20170720142713j:plain

 

生後5か月の子犬は何でも口に入れる。

ある日、買い物から帰ってくると、何故か床に落ちている

チューブタイプの保湿クリーム!?

原型を留めていないひどい有様になっていた。

犯人はチャーだとすぐに分かったが、この時はまだ私の不注意で

チャーの届く所に置いてしまったのだと、反省していた。

 

しかしこの日、夕方のお散歩で、いつものようにチャーの落とし物を拾っていると

???なんと落とし物が真っ白だったのだ(@_@)

そう、チューブを噛み砕いただけではなく、クリームまで食べてしまっていた。

 

慌てて病院へ駆け込むチャママ。

多分、下から出きってしまえば大丈夫だろうと、

念のため注射を1本打たれて帰された。

ホッとしながらも自分を責めていた。

 

ところが、数日もしないうちに今度はハンドクリームがやられた!!

さすがに前回の件から、ずぼらな私でも家を出る際は全てチェックしていた。

しかも、ハンドクリームは鏡台の上に置いた記憶がある。???

 

取り敢えず、すぐに病院へ連絡。

今度はハンドクリームだと伝えると、前回と同じ回答が返ってきた。

そして、流石にお小言を食らってしまった。(当たり前である)

 

何故かこの時、ふとショー先輩の姿が頭をよぎった。

どうやっても鏡台にチャーが、届く訳がない。

そこへ辿り着けるのはショー先輩!!

今までは、ソファーで寝ていることが多かったのだが

チャーが来てからは、一人になりたいとき、高い所で寛ぐようになっていた。

f:id:yatosyouta:20170720145120j:plain

ネコとイヌは連係プレイが出来る。

ショー先輩が上から物を落とし、それを下にいるチャーが拾う。

そして、噛み砕いて食べる。

もう、この仮説しか思いつかなかった。

1週間後、この仮説が確信に変わる事件が起きた。

 

台所の上の戸棚にネコとイヌのご飯がしまってある。

やはり買い物に出かけている隙にやられてしまった。

冷蔵庫に食品をしまおうと台所へ向かうママは発狂しそうになった。

ネコのご飯が食べ散らかされていた!!

約1週間分はあったはずのご飯がない。

恐る恐る、また病院に電話してみる。

完全に怒りを通り越して呆れられてしまった・・・

 

以前ショー先輩だけ飼っていた時に同じような事があった。

しかし、ネコのご飯は一つ一つ小袋に入っていて

落としてもショー先輩は食べれなかったのだ。

それからは何年も戸棚を漁ることがなかったので

完全に油断していた。

 

全てが繋がった!!ショー先輩は確信犯だ!!

 

ショー先輩はある時、鏡台に寝ようとしたところ

たまたま保湿クリームを落としてしまった。

そして、チャーが噛み下す姿を上から見ていたのだ。

 

そう、この時閃いたのである!!

 

一人では食べれなかったが、落とすだけ落としてしまえば

後はチャーが袋を噛み切ってくれると。

2回目のハンドクリームは練習だった。

いよいよ今回、最後の実践に打って出たのである。

そして見事に成功を収めてしまった・・・

 

ネコは賢い。

後輩を利用するだけ利用して、最後は自分が食べていたのだ。

まずネコのご飯だけ落としている時点で、後輩のことなど考えていない。

そして、帰ってきた時のこの表情が、全てを物語っていた。

f:id:yatosyouta:20170720155302j:plain

いつもなら、玄関まで出迎えに来てくれるのに、

この日は動けなかったらしい。

案の定、チャーはたいして食べさせてもらってないらしく

お腹も壊さなければ、具合が悪くなることもなかった。

一方、ショー先輩は食べ過ぎて次の日トイレが忙しいのである。

 

そして勿論、次の日からショー先輩のダイエットが行われた。

 

このように子イヌとネコを同時に飼うということは

まず、ネコが絶対に開けられない場所に、

大切な物をしまう事が必須である!!

我が家の場合は、運よく保留剤やプラスチックを飲み込まなかったため

大事に至らなかったが、子犬の誤飲事故は本当に多い。

 

全部ショー先輩がいけないのね~ 

チャーは悪くないワン♥

f:id:yatosyouta:20170720200227j:plain

       あんたも同罪だ~

やはり、気を引き締めねばと思います。

 

 

いつも読んで頂いて有り難うございます。

下の画像をポチっとして頂けると幸いです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村